田中公平/ピアニート – ガンバスター幻想曲&未完成協奏曲【楽譜出版決定】

This post is also available in: English

ミューズ・プレスより、田中公平/ピアニート「ガンバスター幻想曲」と「未完成協奏」の楽譜出版が決定したことをお知らせいたします。楽譜の先行販売は、2018年5月26日に開催されます「2人で奏でるピアノ〜森下唯・山田剛史デュオリサイタル〜」にて実施されます。なお、一般販売はミューズ・プレスのウェブショップにて5月28日から開始予定です。

2018年5月26日、ミューズ・プレスのウェブショップより販売開始となりました。
https://muse-press.com/item/mp00401/

ガンバスターとは、かのガイナックスが初期に製作したSFロボットアニメ『トップをねらえ!』に登場する、宇宙怪獣に打ち勝つために建造された最強型決戦兵器のことです。『トップをねらえ!』のために田中公平によって作曲された楽曲たちをピアニート公爵が壮大なピアノ独奏曲に書き上げました。その名も「ガンバスター幻想曲」。ピアニート公爵のデビューCD「Singularity」にも収録され、YouTubeニコニコ動画で40万再生以上を記録した大人気曲で、長年にわたり楽譜の出版を願う声がありましたが、7年の時を経て遂に出版されます。編曲者であるピアニート公爵は「ガンバスター幻想曲」については以下のように語っています。

 この「ガンバスター幻想曲」は複数の劇中使用楽曲をもとに、概ね作品の物語を思い起こさせる構成を目指して作られている。劇音楽による組曲あるいはメドレーと、序曲形式との折衷として捉えるのが適切だろう。「ガンバスター」および「ノリコ」の楽句をそれぞれ第1・第2主題とするト短調のソナタ形式とみなすことで、このふたつのモチーフの重要性や全体の成り立ちへの理解が深まるはずである。再現部の扱いなどは典型的なソナタ形式からはかなり外れているが、主題間の調性関係などはあえてセオリー通りに組み立てられている。

 

続いてはTVアニメ『ハーメルンのバイオリン弾き』第2楽章のオープニングテーマ曲「未完成協奏曲」。ピアニート公爵の生き別れの兄である森下唯さんは〈ピアニート公爵Presents「芸術からこぼれた表現たち アニメ監督西村純二が自作を語る」〉で演奏される際にTwitter上で以下のようにコメントを残しています。

こちらの楽譜の校正に協力して下さったフランス在住のピアニスト・作曲家である榎政則さんに厚く御礼申し上げます。

定価:税込2500円
先行販売日:2018年5月26日 – コチラの演奏会会場にて先行販売開始
一般販売開始日:2018年5月28日(ミューズ・プレスのウェブショップより)
仕様:菊倍判/52ページ
ISBN:978-4-909668-03-5

森下唯 プロフィール

筑波大学附属駒場中・高等学校を経て東京芸術大学卒業、同大学大学院修了。2004年、第2回東京音楽コンクール第2位。2006年、東京芸術大学大学院修了の際、演奏優秀者によるベーゼンドルファー・ジョイントリサイタル(浜離宮朝日ホール)に選ばれた。ソロでのリサイタルのほか、オーケストラとの共演、リート伴奏、室内楽などの分野で活動し、スタジオ・ミュージシャンとしても多くのレコーディングに参加。演奏以外にも、映像作品への楽曲提供や文筆など幅広く手がけている。作曲家アルカンの紹介には特に力を入れており、アルカン生誕200年となる2013年から継続的にオール・アルカン・リサイタルを行う。2015年よりアルカン作品を集めたCD「アルカン ピアノ・コレクション」(ALM RECORDS)シリーズをリリース、『レコード芸術』をはじめ各所で高く評価されている。調布国際音楽祭アソシエイト・プロデューサー。東京藝術大学非常勤講師(指揮科演奏研究員)。動画サイトを中心とした活動においては「ピアニート公爵」名義でも知られ、2017年にはCD『Piano Collections FINAL FANTASY XV』に参加。 ピアノを竹尾聆子、辛島輝治、東誠三の各氏に、リート伴奏をコンラート・リヒター氏に師事。

http://www.morishitayui.jp/