【演奏会・チケット】コンポーザー・ピアニストたちの世界 第2弾 (2018年8月5日)

¥3,000

チケットの発送はございませんので演奏会当日に受付にてお名前をお申し付け下さい。

在庫切れ

説明

日時:2018年8月5日 (日曜日)
開場:12時15分
開演:12時45分

場所:紀尾井町サロンホール
住所:東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル1F
チケット料金:3000円 (全席自由)


プログラム

アリスター・ヒントン:回想のヴォーカリーズ 作品29 (日本初演)
ソフィー=カルメン・エックハルト=グラマテ:ピアノソナタ 第6番 (全楽章公開日本初演)
山田耕筰/アレクシス・ワイセンベルク編:日本の有名歌曲の主題による変奏曲
ロナルド・スティーヴンソン:アルカンの饗宴 (日本公開初演)
ロン・イェディディア:ピアノソナタ 第5番 (世界初演)

* * *プログラム変更のお知らせ* * * 
江崎昭汰:『ピアノのためのパッサカリア』

山田耕筰/アレクシス・ワイセンベルク編:日本の有名歌曲の主題による変奏曲


江崎昭汰(えざきしょうた)
1992年、福岡県生まれ。大分県立芸術文化短期大学・ピアノ科卒業後、ベルギーのリエージュ王立音楽院のピアノ科に入学。ヨーロッパ各国で演奏活動も行い、ベルギー人作曲家(P.ブスマンス、P. バルトロメー、他)のピアノ作品も取り上げ、作曲家から高い評価を得る。また、演奏機会に恵まれない作品の紹介にも積極的に取り組みながら、 2016年には兵庫県にてロナルド・スティーヴンソンの1時間30分にも上る大曲「DSCHによるパッサカリア」の日本初演を果たす。楽器奏者や歌手の伴奏ピアニストとしても数々の音楽会に招待される。2018年7月、エクサン・プロヴァンス音楽祭主催の声楽家とピアノのためのマスタークラスに受講生として参加予定。蒐集家としても活動し、楽譜やCD・レコード、音楽家の自筆譜・手紙やピアノロールなどの蒐集も行っている。これまでにピアノを古賀加寿美、楠本隆一、ジョン・シルス、フランソワ・テリー、ヴィンチェンツォ・マルテンポ、フレデリック・マインダースに師事。また室内楽をフランソワ・デップに師事する。現在、合同会社ミューズ・プレスの代表社員も勤める。

2018年8月6日の演奏会の模様
ロナルド・スティーヴンソン作曲『DSCHによるパッサカリア』