ラヴェル/福間洸太朗:ラ・ヴァルス(ピアノソロ編曲)

¥2,500

税込|菊倍|32頁
序文(英語・日本語):福間洸太朗

説明

この画面は次の言語に切り替えられます: English Français

編曲について
 この曲はもともとオーケストラ用に書かれましたが、その後ラヴェル自身が二台ピアノ版、そして一台ピアノ版へと2段階にリダクションしています。私は長く二台ピアノ版を弾いていたため、耳がそれに慣れてしまい、一台版ではいつも物足りなさを感じ、また、音が少ない部分でスピードを付けて攻撃的に弾く演奏が多いことにも疑問を感じていました(勿論、「死の舞踏」とも言えるコーダは攻撃的で良いと思いますが)。

 そこで私は、これらの問題をクリアしようと、二台ピアノ版と管弦楽版に近付けて音を足して弾くようになり、このほど、その編曲を楽譜出版することにしました。少しだけ内声や装飾部分で音形を変えた部分はありますが、独自の音というのは一切入れていません。また、参考のために、どの音をどちらの手で弾くかの指示を入れ、ピアノのアクションによっては弾きにくい音や、小さい手では弾けないと思われる音はカッコ付で書き入れています。すべての音を弾こうとしないで、ご自分の手にあった弾き方を見つけて、色彩豊かでオーケストラ的な厚みある「ラ・ヴァルス」を奏でていただければ嬉しいです。(福間洸太朗)


福間洸太朗 プロフィール
パリ国立高等音楽院、ベルリン芸術大学、コモ湖国際ピアノアカデミーにて学ぶ。20歳でクリーヴランド国際コンクール優勝(日本人初)およびショパン賞受賞、以来五大陸で演奏活動を展開。 これまでにサントリーホール、カーネギーホール、リンカーンセンター、ウィグモアホール、ベルリン・コンツェルトハウス、サルガヴォーでリサイタル他、クリーヴランド管、モスクワ・フィル、イスラエル・フィル、フィンランド放送響、トゥールーズ・キャピトル国立管、ドレスデン・フィルなど、海外の著名オーケストラとの共演も多数。 これまでに、Naxos、ARS Produktion、Éditions Hortus、Orpheus Classical、Accustika、日本コロムビアからCDを発売している。テレビ朝日系「徹子の部屋」やNHK FMなどにも出演。第34回日本ショパン協会賞受賞。
www.kotarofukuma.com

追加情報

重さ 200 g
大きさ 30 × 23 × 0.1 cm