運営者概要

投稿日時: 投稿者:

This post is also available in: English Français

運営者:合同会社ミューズ・プレス
設立日:2018年2月23日
代表:
江崎昭汰、細谷滝音(両名共同代表)
セールスマネジャー:国田健
所在地住所:神奈川県秦野市千村3-21-7
連絡先:info@muse-press.com


代表社員紹介

江崎 昭汰(えざき しょうた、1992年生)
福岡県生まれ。大分県立芸術文化短期大学・ピアノ科卒業後、ベルギーのリエージュ王立音楽院のピアノ科に入学。ヨーロッパ各国で演奏活動も行い、ベルギー人作曲家(P.ブスマンス、P. バルトロメー、他)のピアノ作品も取り上げ、作曲家から高い評価を得る。また、演奏機会に恵まれない作品の紹介にも積極的に取り組みながら、 2016年には兵庫県神戸市にてロナルド・スティーヴンソンの「DSCHによるパッサカリア」の日本初演を果たす。楽器奏者や歌手の伴奏ピアニストとしても数々の音楽会に招待される。2018年7月、エクサン・プロヴァンス音楽祭主催の声楽家とピアノのためのマスタークラスに受講生として参加した。2018年8月5日にイスラエル出身の作曲家であるロン・イェディディアのピアノソナタ第5番を東京で作曲家の立ち会いのもと世界初演を行い、好評を得る。また、蒐集家としても活動し、楽譜やCD・レコード、音楽家の自筆譜・手紙やピアノロールなどの蒐集も行っている。(Twitter)(YouTube)(ブログ

細谷 滝音(ほそや たきお、1975年生)
神奈川県横浜市生まれ。4歳よりヤマハ音楽教室にてエレクトーンを学び、小学校高学年でハマったプログレッシブロックの影響から12歳よりクラシックピアノを習い始める。早稲田大学在学中にクラシックピアノの知られざるレパートリー収集に目覚め、当時日本では入手困難だったカプースチンやフェインベルクの楽譜などを収集するほか、フランス音楽を中心に研究・収集。演奏会にてレオ・オーンスタインのソナタ4番などを演奏したこともある。大学卒業後はジャズに傾倒、菊地成孔氏にジャズ理論を、南博氏にジャズピアノを習う。IT月刊誌、音楽月刊誌の編集記者などを経て、IT企業にてプロジェクトマネジメントに従事。現在は、プログラマー及び編集・記者として活動。クラシック、ジャズ、ロック、ブラジル音楽など、あらゆるジャンルの音楽を愛好している。


セールスマネージャー

国田 健(くにた けん、1992年生・オランダ在住)
兵庫県生まれ。2012年に19歳でオランダ・ロッテルダム音楽院のバスクラリネット科に入学し2016年に首席で卒業。現在は同音楽院大学院のクラリネット科に在籍しながら主にバスクラリネットの専門家として活動している。2010年にKOBE国際音楽コンクール本選、日本ジュニア管打楽器コンクール全国本選出場。2014年にNJO(オランダ・ナショナル・ユース・オーケストラ)のオーディションに合格、冬季ツアーに参加した他、ザ・クラリネットvol.52にインタビュー掲載。2015年以降は現代音楽の権威Gaudeamus Muziekweek、オランダ国立歌劇場関連の公演のほか、アムステルダムの音楽祭Grachtenfestivalやロッテルダムの国際室内楽祭ChambeRに出演。近年はドイツのマンハイム・フィルハーモニー管弦楽団、現代音楽専門の室内楽団Doelen Ensemble、ロッテルダムフィルハーモニー管弦楽団にも定期的に出演しており、特に第30回ゲルギエフ・フェスティバルではロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団とヴァレリー・ゲルギエフ指揮にてワーグナーのトリスタンとイゾルデ、ワルキューレの騎行、グバイドゥリーナのオラトリオの世界初演にバスクラネットで出演し好評を得た。同年にオランダで音楽指導員の資格を取得し後進の指導にも精力的に携わっている。(Soundclaud)