アルカン/ヴァイナー:イスラエルがエジプトをいでるとき

¥1,000

税込|菊倍|4頁
序文:マーク・ヴァイナー

説明

この画面は次の言語に切り替えられます: English Français

アルカンの未発表作品「3つのユダヤの歌」は、アルカンの他の曲がそうであるように、”オルガンまたはペダルピアノのための”と書かれていながらも、おそらくはペダルピアノを念頭に置いて書かれたと思われる。その3曲目「イスラエルがエジプトをいでるとき」を、10本の指で演奏できるようにアルカン協会会長のマーク・ヴァイナーが編曲。


Mark Viner

1989年に生まれる。11歳の時にピアノを始め、その2年後に奨学金を得てパーセル音楽学校に入学し、テッサ・ニコルソンに師事する。その間にスミス・スクエアやセント・ジョンズ(ロンドン)、ウィグモア・ホールなどのコンサートホールを筆頭に各地で演奏活動を行う。その後は、奨学金を得て王立音楽大学に入学する。ニール・イメルマンの下で6年間学び、2011年の最終試験で最高得点を獲得しサラ・ムンドラク記念賞を受賞、最優秀生徒として学士号を取得する。またThe Countess of Munster Musical Trustによる奨学金も得て、優秀な成績で修士を得て2013年に王立音楽大学卒業する。
2012年、ギリシャ・アテネで開催されたアルカン・ジンメルマン国際ピアノコンクール第1回では第1位を受賞する。ギリシャで公式デビューリサイタルを行い、メディアでも「2012年の最も素晴らしい演奏会」として取り上げられた。現在までに、ファロス芸術財団やフーズム・ピアノ珍曲祭、レヴォカ・インディアン・サマー音楽祭、チェルトナム音楽祭、オックスフォード歌曲祭などの数多くの音楽祭に招待され、BBCやDeutschlandfunkなどのラジオ放送局にも出演する。マーク・ヴァイナーの生まれ故郷であるオックスフォードのシェルドニアン劇場では、マリオス・パパドプーロス指揮でオックスフォード交響楽団と共演する。近年は、Keyboard Charitable Trustとの提携によりアメリカ合衆国、ドイツ、イタリアの参加国でツアーを行い大好評を博す。
演奏・教育活動の傍ら、ライターやフランツ・リスト協会やシャルル=ヴァランタン・アルカン協会の会長も務める。また、CDレーベルPiano Classicsよりタールベルクやリスト、アルカンのピアノ作品を積極的に録音、各方面から高い評価を得ている。

追加情報

重さ 120 g
サイズ 30 × 23 × 0.1 cm