アレクシス・ワイセンベルク:シャルル・トレネによる6つの歌の編曲

¥3,000

税込|菊倍|56頁
序文:マルク=アンドレ・アムラン、マリア・ワイセンベルク
お詫びと訂正

在庫あり

説明

この画面は次の言語に切り替えられます: English Français

・収録曲・
Coin de rue (街角)
Vous oubliez votre cheval (あなたは馬を忘れた)
En avril, à Paris (パリの四月)
Boum! (ブン!)
Vous qui passez sans me voir (去りゆく君)
Ménilmontant (メニルモンタン)

・特典・
現在までに発見された6つの編曲のうち4つの編曲の自筆譜の冒頭ページを掲載。

「シャルル・トレネによる6つの歌曲の編曲」は、1950年代に ≪ Mr. Nobody plays Trenet ≫ (左画像) というタイトルでフランスの大歌手 シャルル・トレネ (1913-2001)による6つのシャンソンをワイセンベルクが編曲して収録し、フランスの音楽レーベル Lumenよりリリースされました。このMr. Nobodyがワイセンベルクだったことがかなり後に発表され、プレス枚数も少なかったことから、かねてより知る人ぞ知る録音でした。この録音を元に、これまた世界的ピアニストであるマルク=アンドレ・アムランが採譜を起こしを行い、ワイセンベルク本人の了承の下、2008年にイギリスの音楽レーベル Hyperion からリリースされた ≪ Marc-André Hamelin in a state of jazz ≫ というアルバムにワイセンベルク作曲の「ジャズ様式のソナタ」と共に収録されました。このCDのリリースより11年の月日が経ち、現在まで世界中から楽譜出版を望む声が上がっていましたが様々な事情により本作品の楽譜出版が難航していました。今回、アレクシス・ワイセンベルクのご遺族とマルク=アンドレ・アムランの全面的な協力により楽譜の出版が現実となります。

↑アレクシス・ワイセンベルク本人の演奏。

追加情報

重さ 300 g
大きさ 30 × 23 × 0.1 cm