平尾貴四男:荒城の月に據る変奏曲 – オークラロ(またはフルート)と歌、ピアノのために

¥2,000

税込|菊倍|16頁 (ピアノスコア2冊+パート譜1冊)
楽譜サンプル
付録:貴四男とその周辺(平尾妙子)

説明

この画面は次の言語に切り替えられます: English Français

平尾貴四男は、昭和初期に大倉喜七郎(1882-1963)が考案したフルートに似た金属製の多孔尺八 オークラロ(オークラウロ)に大きな関心を持ち、オークラロのための作品を数多く残しました。平尾貴四男の代表作の一つである「フルートとピアノのためのソナタ」は、本来はフルートのためではなくオークラロのために書かれたものです。「荒城の月に據る変奏曲」の自筆譜は近年になって平尾貴四男のご遺族によって発見されました。本作品は、平尾妙子さんが作成した平尾貴四男・作品リストにも掲載されておらず作曲年代も不詳です。

追加情報

重さ 300 g
大きさ 30 × 23 × 0.1 cm