ベアトリス・ベリュ:語られざる物語 – ピアノのために(2022)

¥3,300

税込|菊倍版|32頁
序文(日本語・英語):ベアトリス・ベリュ
ピエール・ジアナダ財団(スイス、マルティニー)による委嘱作品

説明

This article can be switched to the following languages: English

語られざる物語
私たちが知る物語のほとんどにおいて、女性の役割は純真、あるいは邪悪なものに限られています。王子様のキスによって目覚めたり、陰謀を企てたり、毒殺したり。語られざる物語は、そんな物語では語られない女性達の姿について教えてくれます。(ベアトリス・ベリュの序文より)

語られざる物語
1. 思いやりのあるお義母さん。
2. 二重人格のマーメイド。
3. 彼女は彼のキスを待たずに目を覚ました。


ベアトリス・ベリュ
スイス人ピアニスト、ベアトリス・ベリュは、ル・モンド紙の次の一文が証明するように、リスト派として確固たる名声を築いている。彼女のディスコグラフィーは、2人の偉大な神秘主義者の作品に敬意を表している。ひとつはバッハ(アルバム『ルクス・エテルナ』はティエリー・エスケシュの音楽でバッハの現代性を映し出している)、もうひとつはリストであり、3枚の録音を通して、彼の壮年期の作品、協奏曲、晩年の作品を順に探求している。最新作では、マーラーとシェーンベルクの作品を、自身の筆で新たな形に生まれ変わらせたトランスクリプションとパラフレーズの芸術を扱ったものである。これまでには、ドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団、イギリス室内管弦楽団、ペイ・ド・ラ・ロワール国立管弦楽団、ザールランディッシュ・シュターツオーケストラ、ホフカペレ・マイニンゲン、クラコフ・フィルなど多くのオーケストラからソリストとして定期的に招聘されており、ベルリン・フィル、ドルトムント・コンツェルトハウス、ウィグモア・ホール、チューリッヒ・トーンハレ、天津国立劇場、シカゴ・プレストン・ブラッドリー・ホール、ラヴィニア音楽祭、ブエノスアイレス・コリセオ劇場などで公演を行っている。

追加情報

重さ250 g
サイズ300 × 230 × 3 mm
HSCODE

490199

Originating Country

Japan

Warehouse country

Japan